もろこしなる妹日記

ゆるオタ兄妹の「妹」が兄と同居していた10年の思い出を漫画で暴露。思い通りにいかない人生だって笑い飛ばしたもん勝ち!

旗振り王子と東日本大震災【web漫画】

東日本大震災その日、私は呆然としていた

これはそんな私を助けてくれた旗振り王子のお話

か…帰れない…。仕事中に地震発生。会社は業務中止になったけど、電車も動いてないしタクシーも拾えない。近くにいた友人と合流したものの途方にくれていた

自宅から会社は普段電車で30分以上かかる距離。地図アプリも繋がらないから道も分からない

ちょっあれっうちの方向!マジ⁉

あの人たちにしれっとついてこう!普段から避難訓練をしていたのだろうか、旗を持った社員が迷いなく一般社員を誘導していた

もう…王子だよ王子!旗振り王子!王子王子!旗振り王子について行こう!

いつの間にか私と友人の間で旗振り王子というあだ名がついていた

やばっ分岐だ。もう王子しか旗振ってる人がいない

ってか王子の会社の社員誰もいねーっ!!おばちゃんばっかwみなさんこの人がしっかり道案内してくれるんで安心してください!

見た目通り真面目な奴ですから!ちょっと…先輩ー…。えっ?えっ?社員いないのに助けてくれるの??

こうしておばちゃんと私と友人と旗振り王子の旅が始まった

みなさんお疲れじゃないですか?少しコンビニで休憩しましょう

お兄ちゃんこれ食べて食べて。お兄ちゃんこれもこれも!ありがとうございます

やたらおばちゃんにモテモテな旗振り王子。完全に渡しそこねた

みなさん揃いましたか?誰かいない方いませんか?揃ってまーす!

お兄ちゃんもう疲れるから旗はおろしていいわよ。必要だったら私が振ってあげる!あっ…では…お言葉に甘えて

だいぶ目的地に近づいてきましたよ。あとちょっと頑張ってください

旗振り王子は一人だと早く帰れるのに女性陣の歩幅に合わせてゆっくり歩いてくれていた。ああ…

災害の時にだって優しい人は優しいんだ

もろこし駅

到着です!!

みなさん!!お疲れ様でした!!

歩き始めて5時間目的地に到着した

ありがとうございました。いえこちらこそありがとうございました

お兄ちゃんほんとにありがとう!家族も心配してて助かったわほんと。いえみなさんの頑張りのおかげです

お兄ちゃんは家族いるの?

はい最近結婚して妻がいます

きっ…きっ…

きっ…既婚ーーっ‼独身だったらお近づきになりたかったー!!

あれから9年本当に本当にありがとうございました!

2011年3月11日…この先、一生忘れない優しさ

東日本大震災から9年。9年経った今も、あの日のことはよく覚えています。

 

地震発生時、都内で働いていた私は、部長から帰宅命令を受けました。経費で落とすから、タクシーを使ってでも帰宅すること…と。

 

とはいえ、混乱する都内。タクシーをつかまえることは不可能でした。また、もしタクシーをつかまえられたとしても、車であふれて混乱している道路では、歩いた方が早く帰れるような状況でした。

 

さあ、どうしよう…。近くにいた友人と合流したものの、方向感覚がぶっちぎれている私たちが、自力で歩いて帰ることは不可能。

 

と、そんな時、とある建設会社の人たちが、見覚えのある駅名が書かれた旗を持って歩いているではないですか。

 

千載一遇のチャンス!ついていくしかない!

 

はじめこそ、こっそりついていった私たちですが、分岐で少しずつ人が少なくなるにつれて、一般人が紛れこんでいるのは明らかな状況でした。最後の分岐で、旗を持っているのが王子だけになった時なんて、私と友人とおばちゃんたちしかいませんでしたからw

 

それでも律義に、嫌な顔ひとつせず、一般人を気遣いながら道案内してくれた旗振り王子。その人柄から、おばちゃんたちをメロメロにしていました。

 

もちろん、私と友人も。

 

目的の駅にたどり着いたころには、旗振り王子と旅を共にしていた一行は、すっかり団結し、強い仲間意識で結ばれていました。王子の人柄が、見ず知らずの人たちを結びつけてくれたのです。

 

大変だったけど感謝の気持ちでいっぱいな東日本大震災のできごと。

 

優しくて素敵な旗振り王子。本当に本当にありがとうございました!

恋愛フラグは完全に回収不可能だったけど…ねっ☆

以上、もろこし(@sis_morokoshi)でした!

押せば…いいと思うよ?(ブログランキング)