もろこしなる妹日記

ゆるオタ兄妹の「妹」が兄と同居していた10年の思い出を漫画で暴露。思い通りにいかない人生だって笑い飛ばしたもん勝ち!

4つのカフェで働いた筆者が語るカフェバイト比較

 

今回、大手の4つのカフェ「ドトール」「タリーズ」「スタバ」「ベローチェ」でアルバイトしたことのある私が、それぞれの実体験をもとに、仕事の難易度を比較していこうと思います。

 

イメージや口コミではなく、全部実体験で考察しているリアルな比較です。

 

どのカフェバイトを選ぶべきか!?迷っている方のお役に立てれば幸いです。

そもそもカフェバイトに出会いってあるの?

正直なところ、出会いは少ないです。理由は休憩時間、1人きりのことが多いから。

 

アルバイトって、仕事中よりも、休憩時間に一緒に居合わせた人と仲良くなって、恋愛関係に発展することが多いんですよね。

 

蛇足ですが、彼氏彼女が欲しい人…ぶっちゃけデニーズがオススメ。

 

デニーズは休憩スペースで仲良くなるチャンスが多いんです。出会い力マックス!

(こそっ…私の友達とそのバイト仲間も、デニーズで彼氏ができましたよー。)

主要カフェバイトの比較

では、スタバ・タリーズ・ドトール・ベローチェを、カフェバイトの視点で比較し、特徴をまとめていきます。

比較①スタバ

 

仕事の難易度:★★★★★

高校生:NG

 

オシャレなイメージで有名なスタバ。店員さんの多くは、意識高い系の陽キャ。レシピ等、覚えなければいけないことも多い。(しかも新メニューがしょっちゅう出て大変)

 

さらに高いコミュニケーション能力が要求されます。また器用でなければやっていけない側面も。作業内容は複雑です。

 

どんな人がスタバに向いているのか。明るくて元気、意識高い系の中でも違和感を感じない人です。

 

「接客の質に終わりはない!」をスローガンに、安い時給でも、一生懸命がんばれる姿勢が求められます。やりがい重視!という人には向いていますね。

 

自信を持って陰キャを自称している人、絶対にできないしやりたくないですよね。

 

はい、私もです。意識低い系の陰キャにとって、それはそれは辛いバイトでした。よく半年間もがんばった!私!(涙)

 

尚、コーヒーは飲めなくても大丈夫ですよ!コーヒーが飲めることよりも、コミュニケーション能力の方がよっぽど必要とされています…。

スタバは大学生なら就活のアピールポイントになるかも!?

4つのカフェバイトの中で、スタバだけは就活のアピールポイントになるかもしれません。SSV(シフト・スーパーバイザー)という役職に就けば、店長代理的な仕事を、経験できるからです。

 

アルバイトで働きぶりが認められれば、SSVになることができます。

え?スタバで働きたいけど不採用だった!?

 

「どこかのスタバで落ちても、他店舗では受かった!」という友人はたくさんいます。

 

なので、是非ともスタバで働きたいときは、1、2店舗落ちても気にせず3店舗くらい受けるようにしましょう!

比較②タリーズ

 

仕事の難易度:★★★★

高校生:NG

 

スタバに似ていますが、スタバほど意識も高くないし、陽キャ感もありません。

 

ですが、レシピを覚えるのはやっぱり大変。手先の器用さもある程度求められますね。オシャレ度は中途半端な感じです。

 

どんな人がタリーズに向いているのか。オシャレなカフェで働きたいけど、スタバほど意識の高い環境は嫌!もっとまったり目が好み!という人と言えるでしょう。

 

ちなみに、陰キャも無理なく働けます。実際、私も楽しく働けました!

比較③ドトール

 

仕事の難易度:★★★☆☆

高校生:OK

 

唯一ドトールでめんどうなのは、「ミラノサンド」を素早く作る作業です。レシピを覚えるのも大変ですし、手先の器用さが要求されます。

 

特にお昼のピーク時に、ミラノサンドを量産するのは骨が折れます。

 

今日もミラノサンド…明日もミラノサンド…。

 

ドトールでよくミラノサンドを注文している人、よかったら今度、店員さんの様子をよーく見てみてください。

 

多分ちょっと、負のオーラが漂っていると思いますから。

 

しかし、サンドイッチ作り以外では特に大変な作業はありません。陰キャでも多少のコミュ障でもやっていけるでしょう。

 

ポイントは面接時に「お昼は入れません!」という旨を伝えて、昼ピークのミラノ地獄を回避することです!

 

そのかわり、心優しい誰かがミラノ地獄を味わうことになりますけど…ねっ。

カフェバイト比較のツボ!「なんか作る系は基本めんどう」

例えば、プロントだとスパゲッティとか昼食を作りますし、サンマルクだとパフェを作りますよね。

 

こういう調理系の業務に「自分が向いているかどうか」を予めよく考えておくのが、カフェバイトを比較する上での大切なポイントだったりしますよ!

比較④ベローチェ

 

仕事の難易度:☆☆☆☆

高校生:NG

 

私が働いた中では、圧倒的に楽なカフェでした。覚えることも少ないですし、難しい作業もありません。

 

大抵のお客さんはブレンドとかアイスコーヒーみたいに作るのが簡単な商品しか注文しません。スタバやタリーズとは大違いです。

 

私のように、意識低い系で陰キャの方にはぴったりの職場と言えますね。

 

この記事を見てくださっているあなた、「ベローチェで働くわ!」って言いたくなりますよね。えっ?なりません?

 

もし私がなんらかの理由で、カフェで働くことになれば、間違いなくベローチェを選びます。

 

ただし、唯一の欠点として、やりがいの少なさが挙げられます。

 

尚、昔はタバコ臭い職場でしたが、今は新法のおかげで、喫煙ルームができて改善されました。タバコの匂いが苦手でも大丈夫!

良いカフェバイトに巡り合うためのポイント

  1. Googleマップでレビューを調べておく
  2. 実際に、お客さんとして足を運んでお店の雰囲気をチェックする
  3. できれば朝ピークと昼ピークは避けたシフトを選べるといいです

カフェバイトは合う合わないが激しいから気を付けてね!

まとめ

  • アルバイトを就活に役立てたい→スタバがお勧め
  • アルバイトに出会いを期待している→デニーズ
  • そこそこオシャレがいい→タリーズ
  • 無難なカフェバイトがいい→ドトール(またはエクセルシオール
  • とにかく「楽なバイト」がいい!→ベローチェ一択

 

いかがでしたか?カフェバイトの違いについて、イメージがわいたでしょうか?今回の記事が、あなたのカフェバイトライフのお役にたてることを祈っています。

 

Have a nice cafe!

 

[PR]今Amazonで一番売れている「コミック」をチェックしよう!

 

兄妹二人暮らし始めました(始めたくなかったけど…)

 

 

作者もろこしの一押し作品★


 

 

 

 

押せば…いいと思うよ?(ブログランキング)